• 最終更新日
  • 携帯電話会社

LINEMO(ラインモ)の料金プランをご紹介!メリットや注意する点をチェック

2021年は大手携帯会社の値下げが本格的にはじまりました。ソフトバンクからも新料金プランとして「LINEMO(ラインモ)」が発表されましたね。

今までは何となく付けていたオプションですがそれを取っ払えばこんなに安くなるんですね(笑)。今年は携帯電話会社の乗り換えが多くなりそうです。

必要な機能だけ利用して携帯電話はできるだけ安くしたい方はLINEMOがオススメ!料金プランや申し込み方法をチェックしていきましょう。

LINEMOの特徴とは

LINEMO(ラインモ)

LINEMO(ラインモ)

料金プラン

プラン ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ通信量 3GB 20GB
国内通話料 30秒毎に22円
通話オプション 5分以内の通話【550円/月】
時間制限なしの通話【1,650円/月】
ネットワーク 5G / 4G
テザリング 無料
留守番電話 なし
キャリアメール なし
申し込み方法 オンライン
相談窓口 チャット

Softbank(ソフトバンク)からの新料金プラン「LINEMO」は2021年3月17日にサービスが開始されました。

ちょっとごっちゃになりそうですが、「LINEMO」と「LINEモバイル」は別のサービスです。

LINEモバイルはソフトバンクの子会社になったようなので、これからはソフトバンクが舵を切っていく事になります。それに伴いLINEモバイルは2021年3月31日で新規契約の受付を終了しました。

現在契約中の方は継続してLINEモバイルを利用するコトはできますが、今後はLINEMOへの移行を検討されても良いかも知れませんね。

LINEMOの料金プランには「ミニプラン」と「スマホプラン」があります。当初は「スマホプラン」の料金プランしかありませんでしたが「ミニプラン」が追加されました。

ミニプランであれば月額料金と通話料を足しても「1,540円」で利用する事が可能です。

また、LINEMOでは「キャンペーン」を随時おこなっていますので、キャンペーンに合わせて携帯電話会社を乗り換えるのもアリです。

LINEMOのメリット

LINEMOの独自サービスとして「LINEギガフリー」があります。これはLINEアプリのトーク・音声通話・ビデオ電話にデータ通信量が一切かからないというものです。

メールや電話はLINEでおこなうという方にはLINEギガフリーはめちゃめちゃ嬉しいサービスです。メインでLINEを使うのであれば通話料を抑える事も可能です。

LINEMOはahamoとは違って通話オプションは別途追加する必要があります。スマホプランであれば5分以内の通話オプションを付けるとLINEMOのほうが高くなってしまいますが、通話オプションが要らないのであればLINEMOのほうが安くなります。

なのでLINEでの電話をメインで使われるなら通話オプションを付けないほうが料金を抑えられます。ここはご自身の状況に合わせてご検討ください。

さらに今なら「通話オプション割引キャンペーン」をおこなっています。加入〜13ヶ月目までの期間は5分以内の通話が無料になりますので、このキャンペーンを利用するのも良いかと思います。終了日は未定なので乗り換えをご希望の方はチェックしてみてください。

LINEMOはソフトバンク回線を利用しますので速度面でも問題ないです。データ通信量を使い切った場合、ミニプランでは「300kbps」と少し遅くなりますが、スマホプランでは「1Mbps」の速度でインターネットに繋がります。

あとLINEMOには大手キャリアのような解約金はありません。契約期間の縛りもないので合わないと感じたら自分のタイミングで乗り換えが可能です。

LINEMOの注意点

LINEMOの申し込みはすべてオンラインです。店頭や電話でのサポートが無いので注意しなくてはいけません。はじめての方はここの作業になかなか手が出せないんですよね。

格安スマホは基本的にオンラインでの申し込みになってしまいますので、ある程度スマホに関する知識がないと申し込むのも億劫になってしまいます。これからのスマホライフを見越して勉強してみる良い機会ですね(笑)。

もうひとつLINEMOで気を付けないといけない事が、スマホ本体は販売していないという事です。本体は現在お使いのものか新規で購入しておかなければいけません。

SIMカードのみの契約になりますので、スマホ本体は自分で用意する必要があります。今後は本体の販売もおこなってくれるんじゃないかと思いますが、その点は注意して契約するようにしましょう。

スマホの購入は、「アップルストア」「家電量販店」「中古業者」などでおこなえます。型落ちのスマホや中古でも抵抗なければ中古業者から安くスマホを購入する事ができます。

LINEMOの申し込み方法

LINEMOの申し込み方法をご紹介します。公式サイトの「利用開始までの流れ」に細かい記載がありますので併せてご確認ください。

1.申し込みの準備

申し込みに必要な「本人確認書類」「お支払い情報」を用意します。他社から乗り換えの場合は「MNP予約番号」も必要です。

本人確認書類には「運転免許証」「マイナンバーカード」「パスポート」などが利用できます。支払い方法は「クレジットカード」と「銀行振替」のいずれかになります。

MNP予約番号の申し込み方法は「他社からLINEMOへののりかえ方法」をご確認ください。

またSIMカード(一般的なカード型のSIM)とeSIM(スマホ本体と一体型のSIM)のどちらで申し込むかを検討しておきましょう。

2.申し込み

公式ホームページの「今すぐ申し込む」より必要事項を記入して申し込みをおこないます。SIMカードで契約するか、電話番号を引き継ぐかなどを選択します。

申し込みが完了すると、2~3日程度でSIMカードが届けられます。

3.回線の切り替え

商品が届いたらご自身で設定(データの移行・回線の切り替え・SIMカードの取り付け・通信設定)をおこなわなければいけません。

開通手続きには、Webでの手続きと電話(通話料無料の自動音声)での手続きの2通りがあります。データの移行に関しては、お使いの端末の公式サイトなどで確認する必要があります。

ソフトバンクからの新料金プラン「LINEMO」

月額料金990円(税込)~

LINEMO以外の格安スマホ

LINEMO以外にも格安スマホはたくさんありますので、それぞれの特徴や料金プランを確認して自分のライフスタイルに合ったものを利用していきましょう。

自宅や職場にWi-Fi環境が整っているのであれば、月々のデータ容量はそこまで使わないはずです。まずは自分がひと月でどれくらいのデータ容量を使用しているかを確認して、そこから料金プランを見直していきましょう。

LINEMO以外にも気になる格安スマホ

特徴 月額料金 データ通信量
ahamo 2,970円 20GB
povo 無料~ 0~
OCNモバイルONE 770円~ 1GB~
トーンモバイル 1,100円 無制限
UQモバイル 1,628円~ 3GB~
ワイモバイル 2,178円~ 3GB~
楽天モバイル 無料~ 1GB~
mineo 880円~ 1GB~
IIJmio 858円~ 2GB~
BIGLOBEモバイル 1,078円~ 1GB~
NUROモバイル 792円~ 3GB~

例えば、大手キャリアに高い料金を支払っているのであれば、プロバイダを契約して自宅にWi-Fi環境を作るのもひとつの方法です。自分のスマホだけじゃなく、家族みんなのスマホ容量も抑える事ができます。

さらにテレビやゲームでもインターネットが利用できるようになりますし、人気のAmazonプライムを視聴する事も可能です。ネット環境を整えると生活の幅がグッと広がりますよ。

ホームページの簡単な作り方以外にも
お得な情報や日常を紹介するブログを是非どうぞ!
Webに関連するプロバイダ・携帯電話などの特徴・料金比較や、
個人的に挑戦している資格取得についての勉強法や趣味・グルメなどを紹介します。